【受験生必見!】センター試験で高得点が取れる問題集!

こんにちは!受験サポートです。この記事ではセンター試験でどうしても点数が必要なんだ!という人向けに、センター試験の対策がバッチリ行える問題集を選んできました。ぜひ最後までご覧ください!




国公立志望でセンター点が欲しい人、私大のセンター利用で合格をつかみ取りたい人、いろいろな思いの人がいると思います。

安心してください。東進ハイスクールの某「今でしょ!」の先生の言葉を借りれば、センター試験は”世界で一番考え抜かれた試験問題”です。良問ぞろいで奇問難問はほとんどありませんから、対策をすれば必ず点数がアップします。

幸運なことに、今では各予備校がこぞって予想問題パック(後述)も発売していますから、その流れに乗って高得点を目指しましょう!

注意
この記事で紹介する問題集はすべて、各予備校がオリジナルに作成した問題であり、いわゆる「センター試験の過去問」ではありません。ですから、複数種類買っても問題がかぶる心配はありませんのでご安心ください。


大学入試センター試験実戦問題集2019 駿台文庫



やはり問題数、解説ともに優れているのはこの本でしょう。
駿台が毎年出している問題集で、完全オリジナルの問題ですから、過去問とかぶる心配もありません。

難易度は敢えて実際のセンターよりも難しく作られています。これは、センター本番に万が一、難問・奇問が出題されたり、緊張や体調不良の際にも対応できるようにするためです。

特に物理や化学は年々レベルが上がっている印象を受けますから、一度手に取ってみることをお勧めします。
教科別に発売されていますから、自分の苦手科目・センター対応がし切れていない科目を克服するのにぴったりです。

定価は¥1050(税込)


マーク式総合問題集 2019 河合出版



「黒本」の通称で知られる本シリーズは、河合塾の「全統マーク模試」を収録した問題集です。

実際に受験生が挑んだ模試を収録しているわけですから、「どこが間違いやすいのか、なぜ間違えるのか」といった解説が的確で、受験生の最後の追い込みに使われる良問題集です。

駿台の実践問題集と比べると問題の難易度は抑えめで、センターとほぼ同レベルといったところでしょうか。もちろんあくまで全体的に見て、の話ですが。




私個人の意見ではありますが、私は「より多くの出版社の予想問題に触れるべき」だと考えています。

それぞれの出版社にはそれぞれ専属の予備校講師がついているわけですから、少しでも多くの人が書いた問題に触れておいた方が本番での対応力に生かされるはずです。各予備校が同じ範囲を予想問題として挙げていれば、その問題は出題される可能性が高いんだと知ることもできます。

また、多くの予備校が予想問題集を発売している現在では、センター試験でドンピシャその問題が出題されることもわりかしあります。
すべての予想問題を外させることなど不可能ということです。

センター問題は難問というわけではないのですから、広く浅く手を付けていくことが肝心だと言えます。


こうした書籍は、友達と問題集の貸し借りなどができるならしてもいいでしょう。
あるいは、高校の本棚を探せば、こういった問題集が置いてあるかもしれないので、それを借りてやるのもいいですね。


しかしながら、誰かと問題集を貸し借りすると、「自分がやりたい時に貸し出し中」だったり、「だんだん書き込みが増えていく」といったトラブルもどうしても増えてきます。

やはり、できることならお金をできるだけかけずに、自分でたくさん問題集を買いたいものです。

そういった悩みを抱えている方向けに、格安で過去問を手に入れる方法こちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください!


予想問題パックとは?


予想問題パックとは、各予備校が出している「センター本番と同じサイズの冊子を用いて解くことのできる予想問題集」の総称です。

文章の文字のサイズ、余白の大きさ、紙質など、センター試験にとても近い形式で問題が出題されるので、センター試験直前に、最後の調整として取り掛かる受験生がたくさんいます。

私もセンター試験はそれほど重要視していませんでしたが、本番気分を味わうために、予想問題パックには大変お世話になりました。


ここでは各予備校で出版されている予想問題パックをピックアップして紹介していきます。
繰り返しになりますが、問題集というよりは"本番想定"の1部刷り冊子なので、これらはセンター試験一か月前あたりから着手していけば十分です。

なお、これらの予想問題パックは毎年更新されていきますから、一年前のパック(中古)は当然安くなります。これが狙い目です。

一年前であれば傾向が変わっているということは少ないですから、安く、大量に精度の良い予想問題を手に入れられるわけです。ただし、あまりに昔過ぎると出題傾向が変わってきてしまうので注意してください。


なお、以下でも一年前の予想問題パックを掲載しています。本年度用の予想パックは例年ですと冬頃に発売されますので、それを購入するのもアリです。

画像をクリックしますとAmazonの商品ページに飛びますので是非ご覧ください。


2018センター試験対策問題パック 河合出版





大学入試センター試験実戦パッケージ問題 2018―青パック 駿台文庫





2018年用 センター試験 予想問題パック Z会編集部






この三社の予想問題をこなせば、センター本番でも力むことなく問題に立ち向かえるでしょう。



いかがでしたでしょうか?センター試験はとにかく緊張して、いつもなら簡単に思える問題も難しく見えることが多々あります。そんなときのために、これらの問題集でばっちり解法を定着させておきましょう!






ご質問・ご要望はこちらからお気軽にどうぞ
juken.goukaku.sapoto@gmail.com

この記事へのコメント